徒然なる登山放浪記
徒然なる登山ブログ
 

北岳の山小屋「北岳山荘」の評判と感想

北岳山荘からの夕焼け

北岳山荘データ 北岳山荘基本データ 場所 北岳まで1時間20分、間ノ岳まで1時間40分。 営業期間 6月中旬~11月上旬 料金 1泊2食8,700円(小学生5,800円、小学生未満2,900円) 素泊寝具付き5,800円(小学生2,900円、小学生未満無料) 素泊寝具なし4,800円(小学生2,400円、小学生未満無料) 弁当:1,000…etc

続きを読む ↷

大弛峠の山小屋「大弛小屋」の評判と感想

大弛小屋外観

大弛小屋データ 大弛小屋基本データ 場所 国師ヶ岳まで1時間、金峰山まで2時間30分。 営業期間 春・夏期営業:4月末~11月末 冬季は避難小屋(要予約) 料金 1泊2食(夕・朝食)7,500円、1泊3食(夕・朝食・昼弁当)8,300円、素泊4,500円 収容人数 定員約30名 予約 2日前までに要予約。 水場 あり テント場 あり 消灯…etc

続きを読む ↷

鳳凰山の山小屋「鳳凰小屋」の評判と感想

鳳凰小屋外観

鳳凰小屋データ 鳳凰小屋基本データ 場所 地蔵岳まで1時間20分、観音岳まで1時間40分、薬師岳まで2時間10分。 営業期間 春期営業:4月末~6月末(要予約) 夏季営業:7月~10月末 冬季営業:11月~年末年始(要予約) 料金 1泊2食8,000円、素泊り寝具付き5,000円、素泊4,000円 収容人数 定員約110名 予約 夏季以外…etc

続きを読む ↷

大峰山の山小屋「稲村ヶ岳山荘」の評判と感想

稲村ヶ岳山荘

稲村ヶ岳山荘データ 稲村ヶ岳山荘基本データ 場所 山上辻 ※大日山まで約30分、稲村ヶ岳まで約40分、山上ヶ岳まで約1時間30分 営業期間 4月下旬~11月下旬 料金 1泊2食7,200円、素泊り4,200円 収容人数 定員約30名 予約 原則必要。 水場 あり テント場 あり 消灯/食事時間 消灯21:00/夕食17:00~18:00、…etc

続きを読む ↷

奥秩父の山小屋「将監小屋」の評判と感想

将監小屋外観

将監小屋データ 将監小屋基本データ 場所 将監峠 ※飛龍山まで約2時間40分、笠取山まで約2時間50分、和名倉山まで約3時間50分 営業期間 4月下旬~11月下旬 料金 1泊2食7,000円、素泊り4,500円 収容人数 定員約50名 予約 原則必要。HPはないため電話のみ。 水場 あり テント場 あり 消灯/食事時間 消灯21:00/夕…etc

続きを読む ↷

火打山・妙高山の山小屋「高谷池ヒュッテ」の評判と感想

高谷池ヒュッテ外観

高谷池ヒュッテデータ 高谷池ヒュッテ基本データ 場所 火打山の山頂まで約1時間30分 妙高山の山頂まで約3時間20分 料金 1泊2食7,200円、1泊夕食6,150円、1泊朝食のみ5,650円、素泊り4,600円 収容人数 定員48名 予約 要予約 水場 あり。ただし要煮沸。 テント場 あり 消灯/食事時間 消灯20:00/夕食17:30…etc

続きを読む ↷

蓼科山の山小屋「蓼科山頂ヒュッテ」の評判と感想

蓼科山頂ヒュッテ外観

蓼科山頂ヒュッテデータ 蓼科山頂ヒュッテ基本データ 場所 蓼科山頂まで約3分 料金 1泊2食8,300円、1泊1食7,000円、素泊り5,500円、個室4,000円 収容人数 大部屋:定員30名、個室:3部屋 予約 基本必要。予約なし or 当日予約は、宿泊料金+500円。 水場 なし。飲み水は雨水利用。 テント場 なし 消灯/食事時間 …etc

続きを読む ↷

登山道のすれ違いは上り(登り)優先?

登山道

「登山道において登山者同士がすれ違うときは上り(登り)優先」(※以下「上り」と記載)というルールは、登山経験がある方ならばご存知の方も多いだろう。 しかし、この上り優先ルールだが、少々疑問を感じることがあり、このテーマについてブログを書いてみた。自分の経験談だが、バテバテで登っている時に、上り優先ということで、上で下山者に待たれると返って…etc

続きを読む ↷

塩見岳の山小屋「塩見小屋」の評判と感想

塩見小屋外観

塩見小屋データ 塩見小屋基本データ 場所 塩見岳山頂まで約1時間20分 料金 1泊2食8,500円、1泊夕食のみ7,500円、素泊り5,500円 収容人数 約40人 予約 要必要(混雑状況によって予約なしでも宿泊可らしい) 水場 コース外にあり。(往復35分) テント場 なし(幕営禁止) 消灯/食事時間 消灯20:00/夕食16:30~1…etc

続きを読む ↷

登山に最適な水筒とその種類

プラスチックボトル

登山においては生命に関わる重要なアイテムである「水」。この水をどのような容器でどのようにして持ち歩くのが一番良いのかをまとめてみた。なお、本記事の内容は冬山などの過酷な状況は想定しておりません。 水を入れる容器の種類 まず、水の保管には2つの観点がある。登山中の水分補給のための水(以下「飲料水」と記載)、普段はザックの中に収納し、飲料水の…etc

続きを読む ↷