徒然なる登山放浪記
徒然なる登山ブログ
 

苗場山の山小屋「苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)」の評判と感想

苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)データ

苗場山自然体験交流センター基本データ
場所 苗場山の山頂
宿泊料金 1泊2食9,000円、1泊1食8.000円、素泊まり:6,500円
営業期間 6月上旬~10月下旬
収容人数 92名
予約 要予約
水場 なし。天水の利用可。
テント場 なし?
消灯時間 21時
その他 個室なし。小屋の外に自動販売機あり。
ホームページ http://sakae-akiyamago.com/play/587/

その他、苗場山自然体験交流センターの情報

苗場山自然体験交流センターの入口

苗場山自然体験交流センターの入口

テント場ですが、苗場山の山頂杭のあるスペースにテントが一張はられていました。ただ、山小屋で正式にテント場として管理されている場所かどうかは不明。

客室(大部屋)は、半二階建てをサイドパーテンションによって1区画4畳程度に区切られた、合計12区画のスペース。

談話室は食堂と兼用で、食事時以外は登山者に開放されています。

以前の山小屋名は、苗場山頂ヒュッテという名前だったようです。現名称は「自然体験交流センター」となっていますが、体験型の設備やサービスが用意されているわけではなく、一般的な山小屋です。中高生等の集団登山を受け入れているようなので、体験学習を意識した山小屋名にしたのかもしれません。

苗場山自然体験交流センターの評判

苗場山自然体験交流センターのフロント

苗場山自然体験交流センターのフロント

ネット検索を中心に評判を調べてみたところ、あまり苗場山自然体験交流センターに関して詳細に書かれた記事が少なかったです。そんな中、ポジティブな口コミとして圧倒的に多かったのが、やはり「ロケーションの良さ」です。

■ 苗場山自然体験交流センターに関するブログ

苗場山自然体験交流センターの感想

利用日:2020年10月25日(日) 申込内容:事前に予約 一泊二食付き
苗場山自然体験交流センターの客室

苗場山自然体験交流センターの客室

■ 素晴らしい接客対応

2020年苗場山自然体験交流センターのスタッフさんは、管理人とおぼしき少し若めの男性1名、女性2名の合計3名体制。上から目線や横柄な対応もなく、フレンドリーで丁寧な接客対応が素晴らしかったです。自分が経験した山小屋の中でも、接客レベルの高さは3本指に入ります。

■ 営業最終日限定のサービス

2020年度の営業最終日だったので、飲み物1本 + 夕食で前日のカレーの残りのサービスがありました。飲み物はビールも可だったので、自分はビールを1本いただきました。あと、これは最終日だけのサービスなのかわかりませんが、オリジナルタオルもいただきました。

1区画4畳程度の寝床

1区画4畳程度の寝床

■ 食事は美味しい

他登山者のブログを見ると、夕食の定番はカレーのようでしたが、この日は今年度の営業最終日だったためか、定食メニューでした。前日のカレーがサービスで提供されたので、最終日だけは食事が残ってしまわないように、定食メニューだったと思われます。料理の味ですが、カレーも含めて美味しかったです。カレーがおかわり自由だったこともあり、お腹も満腹になりました。

ちなみに朝食も定食メニューでした。朝食はバイキング形式という情報もありましたが、こちらも営業最終日だったためか、それとも変更になったのか…詳細は不明です。

■ 山小屋内もトイレもきれい

新しい山小屋ではないと思いますが、山小屋内は掃除が行き届いており、比較的きれいでした。写真は割愛しましたが、トイレはバイオトイレでこちらも山小屋のトイレの中でも、きれいな部類に入ります。

■ 素晴らしいロケーション

苗場山の山頂は「天空の楽園」と例えられるなど、約4キロメートル四方の台地に広大な湿原が広がっています。その山頂に建てられたのが苗場山自然体験交流センターで、何と言ってもロケーションが素晴らしい。山頂台地はガスることも多いようなので、長時間山頂に滞在できる苗場山自然体験交流センターに宿泊する意義は大きい。また、宿泊して天候に恵まれれば、夕焼けやご来光を苦もなく拝める点も大きなメリット。


苗場山自然体験交流センターの夕食

夕食

苗場山自然体験交流センターの朝食

朝食

苗場山自然体験交流センターの食堂兼談話室

食堂兼談話室

苗場山自然体験交流センターの廊下

廊下


■ 苗場山自然体験交流センターの感想まとめ

苗場山自然体験交流センターの評価
立地 とても良い 施設 良い 料金 普通
接客 とても良い 食事 良い 水場 普通

総合 良い

立地、接客、において最高評価で、食事、施設面においても高評価です。苗場山の山頂湿原はかなり広いため、日帰りで堪能するのは難しく、また天候や気象条件に左右されやすいので、苗場山自然体験交流センターに宿泊したほうが、より苗場山を満喫できると思います。

苗場山自然体験交流センターは、立地、接客、施設、食事を中心に、とても良い山小屋です。苗場山に登る場合は、苗場山自然体験交流センターに宿泊することを強くオススメします。宿泊すれば、より苗場山の魅力を体感できる可能性が高くなるでしょう。

以上、苗場山自然体験交流センターの感想でした。


苗場山自然体験交流センター外のベンチ

外のベンチ

苗場山の山頂案内図

苗場山の山頂案内図

苗場山頂からの夕日

苗場山頂からの夕日

苗場山自然体験交流センターオリジナルタオル

苗場山自然体験交流センターオリジナルタオル

苗場山の登山レポート


Pocket
LINEで送る

コメント

 投稿されたコメント

  • コメントありがとうございます。
    是非是非、次回は山頂宿泊してみてください。

    ちなみに、道の駅みつまた制作 越後湯沢プロモーション動画が素晴らしいですよ。
    コレ見たら夏にもまた登りたくなりました。
    https://www.youtube.com/watch?v=–N2NaX00eo

  • ご無沙汰しております。
    いつもながら、わかりやすいレポどうもありがとうございます。
    前回登った時は日帰りピストンだったので、せっかくの山頂湿原もさらっと歩いただけ…。
    小屋でお手洗いをお借りしましたが、きれいだったと記憶しています。
    次回行った時はぜひ一泊して湿原をゆっくり回りたいなと思っておりましたので、とても参考になりました。

コメント投稿フォーム

トラックバックURL: https://www.yamarepo.com/yamablog/6663/trackback/