徒然なる登山放浪記
徒然なる登山ブログ
 

北岳の山小屋「北岳山荘」の評判と感想

北岳山荘データ

北岳山荘基本データ
場所 北岳まで1時間20分、間ノ岳まで1時間40分。
営業期間 6月中旬~11月上旬
料金 1泊2食8,700円(小学生5,800円、小学生未満2,900円)
素泊寝具付き5,800円(小学生2,900円、小学生未満無料)
素泊寝具なし4,800円(小学生2,400円、小学生未満無料)
弁当:1,000円、夕食:1,700円、朝食1,200円
収容人数 定員約150名
予約 不要。ただし10人以上は必要。
水場 水場はないが、下の渓から汲み上げた水を1Lまで利用可。(宿泊者のみ)
テント場 あり
消灯・食事 夕食17:00~18:00、朝食5:30。消灯時間は20:00。
その他 テント宿泊者の食事利用可
ホームページ http://www.minamialps-net.jp/YAMAGOYA/001_kitadake.htm ※南アルプスネット

その他北岳山荘の情報

北岳山荘

北岳山荘外観

北岳山荘は北岳、間ノ岳は勿論のこと、農鳥岳を含めた白峰三山に登る場合、重要な役割を果たす山小屋となる。

原則、予約の必要がない山小屋。その理由は、電話回線が予約の電話で専有され緊急の電話などが繋がらない事態を避けるためと、予約対応に追われて山小屋運営に支障をきたさないためらしい。予約の必要がないっため、混雑状況は当日にならないとわからない。

しかし、北岳山荘は南アルプスの中でも1、2を誇る人気の山小屋であり、混みやすいことで有名。なんでも土曜日や連休中は、収容人数150人に対して宿泊者が400人近くになることもあるとか。そのため、北岳山荘では、連休や土曜日の利用はなるべく避けて頂くよう、利用者に理解を求めている。基本予約の必要がないため、宿泊を断ることはないようだが、反面繁忙期は詰め込まれる可能性が高い。繁忙期は、布団1枚に2人以上になる可能性もあるため、シュラフは持参した方が良いだろう。

北岳山荘

北岳山荘前の登山道から撮影

サラリーマンの場合、休日に有給をくっつけて、金曜日か日曜日の夜に宿泊するのがおすすめ。自分は月曜日に有給を取り、日曜日の夜に宿泊したが、なんとか1人1枚の布団で収まっていた。

比較的大きな山小屋のため、管理人以外に若いアルバイトスタッフが10人近く働いていた。小耳に挟んだ話で真偽は不明だが、北岳山荘のアルバイトスタッフには登山未経験者も多く、小屋と下界との往来はヘリを使っているとか。若い女性アルバイトに農鳥岳の難易度について尋ねたが、反応が鈍く管理人さんがフォローしていたので、本当の話かもしれない。

北岳山荘の評判

利用者の多い山小屋だけあって、口コミサイトで多くの書き込みがあります。概ね好意的な意見が多いようです。混みやすい山小屋ですが、その点は利用者も覚悟して宿泊しているのか、批判的な意見は少ない。良い評判で一番多いのは夕焼け、朝焼け、富士山の展望など、風景・展望に関する内容が多い。

北岳山荘からの展望

北岳山荘からの展望

■ 北岳山荘の評判について書かれているサイト

北岳山荘の感想

利用日:2015年9月13日(日)申込内容:1泊2食付き

■ ロケーションは抜群

多くの登山者が感想で述べていることだが、南アルプスの山小屋の中でも屈指の展望を誇る山小屋。北に北岳、南に間ノ岳と日本で2番目と3番目に高い山に挟まれ、東の空の彼方には日本1高い富士山を望むことができるという贅沢なロケーション。朝焼け、夕焼けに染まる北岳・間ノ岳、そして富士山の展望は素晴らしく、山雑誌に掲載されているような絶景を体感することができる。

北岳山荘の夕食

北岳山荘の夕食(さば味噌煮)

■ 食事は美味しい

自分の時はさば味噌煮と、数人でシェアする料理として肉じゃがが提供された。他登山者のブログを見ると、サワラの煮付けなど、主に魚系メインの夕食が多いようだ。山頂近くにある山小屋の食事としては、良い部類に入る食事。
翌日はご来光を見るために弁当にしたが、弁当は「太巻き + いなり寿司 + お茶パック」だった。弁当は評価不能。下手な手抜き弁当よりも良い気もするが、ちょっと淡白な印象も受ける。

■ 宿泊者なら1Lまで水は無料

自然の水場はないが、下の渓(谷)を流れる沢から小屋まで水をポンプで引っ張ってきている。宿泊者なら水1Lまでは無料だが、厳密に計って配給されるわけではないので、水を無駄遣いさせないための目安として設定されている程度だろう。なお、宿泊者以外でも100円で1Lの水が手に入るので、ペットボトルの水を買うより断然お得。

北岳山荘の朝食弁当

北岳山荘の朝食弁当

■ 談話室はない

これだけ大きい山小屋にも関わらず談話室がなかったのは残念。食事前までは食堂が談話室として開放されていたが、夕方以降は登山者やスタッフの食事のため利用不可となる。

■ 北岳山荘感想まとめ

北岳山荘の評価
立地 良い 建物 普通 料金 普通
接客 普通 食事 良い 水場 普通

総合 登山道

混雑時さえ避けて宿泊すれば、快適で充実した時間を過ごすことができる。先にも書いたが、サラリーマンなら金曜日か月曜日に有給をくっつけて宿泊するのがおすすめ。

大きめの山小屋で、談話室もないので、他登山者との交流は生まれにくいかもしれない。

アルバイトが多く、接客は可もなく不可もなく。管理人さんとも少し会話したが、威圧的な感じもなく話しやすかった。

建物は古くもなく新しくもなく。建物自体は広いが、宿泊者も多く、予約不要の山小屋で最終的にどれぐらいの人数になるのかわからないため、空いている部屋から順次詰め込まれる。そのため、使用していない部屋がある反面、使用している部屋は布団がびっしり。いびき対策用に耳栓は持参したほうが良い。トイレの記憶は曖昧だが汚いイメージはなかったと思う。

総合的に見て、ロケーションの良さを中心に、良い山小屋だと思います。

以上、北岳山荘の感想でした。

北岳方面から見た北岳山荘

北岳方面から見た北岳山荘

北岳山荘室内から見た外の風景

北岳山荘室内から見た外の風景

北岳・間ノ岳登山レポート


コメント

コメント投稿フォーム

トラックバックURL: http://www.yamarepo.com/yamablog/3786/trackback/