常念岳

常念岳登山

常念岳

Jyonendake

白

[常念岳登山レポ]
大天井岳から縦走する常念岳登山 常念山脈縦走登山その3

2019年8月18日(日)天気:晴れ
東天井岳 ~ 横通岳 ~ 常念岳 ~ 2,512mピーク ~ 2,592mピーク
  • 常念岳日本百名山
  • 飛騨山脈(北アルプス)の常念山脈の主峰、標高2,857mの山。遠くからでも目を引くピラミッド型の山容が特徴。麓の安曇野市からは全容が望めるため、安曇野のシンボルとなっている。

常念岳のコース

常念岳の登山口は東の一ノ沢登山口、東南の三股登山口の2つ。いずれの登山口にも路線バスは出ていないため、登山バス「毎日あるぺん号」を利用するか、または穂高駅からタクシーを利用するかのいずれかとなる。直接登るコース以外では、大天井岳からの縦走か、蝶ヶ岳からの縦走で登られている。
  • 一ノ沢コース人気コース!
  • 東の一ノ沢登山口から、常念乗越を経て常念岳に登るコース。常念岳の定番コースで登り下りともに利用者は多い。
  • 三股コース
  • 東南の三股から前常念岳を経て、常念岳に登るコース。
地図を持たない登山は危険ですので、必ず地図を持って登りましょう!

常念岳の登山計画

コースと日程
2年ほど前から計画していて、ようやく実現できた今回の北アルプス縦走登山。1日目は中房温泉から燕岳へ登り、大天井岳まで縦走して大天荘に宿泊。2日目は大天井岳から常念岳へ登り、その後は蝶ヶ岳まで縦走して蝶ヶ岳ヒュッテで宿泊。3日目は、上高地に下山する。

関連レポート

常念岳コースレポート

東天井岳 ~ 常念乗越

【5:39】東天井岳を出発。
東天井岳から横通岳を抜け、まずは常念小屋のある常念乗越を目指す。
横通岳を抜けると目の前の鞍部に常念小屋が見える。一目瞭然だが、常念小屋のある常念乗越まで大きく下ることになる。
【6:49】常念乗越に到着。
常念乗越は一ノ沢コースとの合流地点。水はたっぷりあるので、常念小屋には寄らずに木陰で少し休憩。

常念乗越 ~ 常念岳山頂

【7:00】常念乗越を出発。
常念岳山頂までの標準コースタイムは1時間15分。写真ではそれほど険峻には見えないが、結構な高さと急な上り。常念乗越の標高が2,450mなので、ココから407m登ることになる。

ちなみに常念岳に登った後、一ノ沢登山口に下山する登山者が多いようで、常念乗越にザックをデポして、軽装で登っている人が目立つ。常念岳山頂までの道はガレ場だが、浮石ではなく大半は動かない大きな石なので、足元が安定していて登りやすい。
【8:00】常念岳山頂に到着。
常念岳は天に突き出たピラミッド型の山容をしているので、当然山頂からは360度の大パノラマ。朝なので空気が澄んでいて、北アルプスの山々を眺望できる素晴らしい風景。
山頂スペースはそれなりに広いが、みんな山頂の尖った部分に集まるので、人が多くなるとすぐに混雑が発生する。
北は同じ常念山脈の大天井岳、西には槍ヶ岳に穂高連峰、南はこれから向かう蝶ヶ岳と、北アルプス南部の山々の眺望が楽しめる。特に穂高連峰が、距離的にも近くよく見える。
大天荘で朝食を食べてから4時間ほど経過しているが、それほどお腹は減っていないため、食べ残しのパンで食いつなぐことにした。
常念岳からのパノラマ写真 常念岳からのパノラマフルスクリーン(クリックで閲覧可) 常念岳からのパノラマフルスクリーン(クリックで閲覧可)
到着直後は人も少なかったが、8時30分を過ぎると登山者も多くなり、周辺がわちゃわちゃし始めたため、頃合いを見て出発することに。

常念岳山頂 ~ 2,512mピーク

【8:40】常念岳山頂を出発。
当然ながら出発直後は大きく下る。
30分ほど下った場所で現れるU字型の尾根。その先に見えるのが2,512mピーク。
【9:42】2,512mピークに到着。
もともと無名ピークだが、標識のたぐいは一切なし。これまでほとんど下りだったが、ガレ場が多く慎重に歩いてきて精神的に疲れたため少し休憩。

2,512mピーク ~ 2,592mピーク

今いる2,512mピークから見える小高い丘が、次の目的地2,592mピーク。これまで森林限界を歩いてきたが、久しぶりに樹林帯に入る。

結構遠く感じるが、左奥に見える突起が蝶槍。ここから先、蝶ヶ岳の山域に入る。

To be continued...

関連レポート

常念岳のコースタイム

予定 実際 場所
06:15 04:56 大天荘
07:45 05:39 東天井岳
09:15 06:49~07:00 常念乗越
10:30~11:30 08:00~08:40 常念岳
12:15 09:42~09:49 2,512mピーク
13:15 10:27 2,592mピーク

常念岳の難易度

難易度5

12/30

総合難易度
必要体力 体力難易度3
コース距離 コース距離難易度3
所要時間 所要時間難易度3
危険度 危険度難易度1

登山難易度 登山難易度5
小屋・水場 小屋・水場難易度0
アクセス アクセス難易度2

総合難易度 総合難易度4
※ アクセスは東京基点
評価基準の詳細はこちら。
必要体力・時間・距離

大天井岳から常念乗越までの区間に、体力が必要な箇所はなく、稜線歩きを堪能できる楽しい区間。問題は常念乗越から常念岳山頂までの区間。サクッと登れるかと甘く見ていたが、想定以上に長く感じてキツかった。常念岳以降は下りが続き、2,512mピークで少しだけ登り返す。このピークは問題ないが、次の2,592mピークは100mほど登り返すので、ある程度体力を使う。

この区間の距離は9km弱で、時間は約4時間30分。稜線歩きで平坦な場所も多かったので、その分距離は歩いた実感がある。
危険度・水場
この区間に鎖場はなく、滑落しそうな危険な場所もない。ただ、ガレ場が多いので、足を踏み外して怪我をする程度の危険性はある。稜線なので自然の水場はないが、大天荘、常念小屋と山小屋があるので問題はない。
アクセス
常念岳の登山口、一ノ沢と三股いずれにも公共交通機関でアクセスできないのは難点。穂高駅からタクシー約5,000円でアクセスできるが、ソロでは料金がかさむので2人以上でアクセスするのが良い。あとは、登山バス「毎日あるぺん号」を使えば、一ノ沢と三股のいずれにも直接アクセスすることが可能。
総括
さすがに常念岳の登りは体力的にキツかったが、それ以外は危険度も含めて問題のある箇所はない。ただ、全般的に結構歩いた印象はあるので、ある程度の距離を歩ける体力は必要かと。
ご質問・感想などコメント歓迎します。
お気軽にどうぞ!

PAGE TOP