徒然なる登山放浪記
徒然なる登山ブログ
 

「コース」に関連する記事

山と高原地図の破線ルートのレベルにはバラツキがある?!

破線ルート

山と高原地図における破線で記される難路指定のコース。破線ルートをいくつか歩いた登山者なら経験していることだが、破線ルートにはパターンがあり、難易度にもバラツキがある。「この程度で難路?」という事もあるが、とんでもなく難易度が高くコース言えないような場合もあり、登るには事前調査が重要となる。 破線ルートから登る場合、最低限やらなければならな…etc

続きを読む ↷

登山で登山地図は必要か?&登山地図のおすすめ!

登山地図

今回のテーマは登山地図。そもそも登山地図って必要?という、そもそも論からお話します。 まず、登山地図ですが、基本必須だと思ってください。過去には登山地図を持たないで登っていたこともありましたが、かなり無謀な行為でした。 それでは、どのような登山地図があるか?定番地図は昭文社が発行している「山と高原地図」。50年以上のロングセラーを誇る、登…etc

続きを読む ↷

コースは山と高原地図に掲載・紹介されている意外にも存在する?!

地図にないコース

登山において地図を持って登ることの重要性については以前の記事でもご紹介してきました。登山地図の定番は山と高原地図。 登山出発前に作成する登山計画・スケジュールの作成方法 この山と高原地図を見ると様々なルートが紹介されている。地図には様々なコースが詳しく書かれているため、山と高原地図には全てのコースが網羅されているという無意識の思い込みや、…etc

続きを読む ↷

他人の登山レポートからコース状況を確認する4つのポイント!

コース状況

今回の内容はネットに落ちている登山レポートを参考にする際に、どのポイントを参考にするのかについて説明します。今回はコース状況編。他人の登山レポートを参考にする場合、コースタイムではなくコース状況を事前に確認する事は非常に有益で参考になる。では実際に、どのようなコース状況確認する必要があるのかをまとめてみた。 他人の登山レポートでコース状況…etc

続きを読む ↷

登山道の看板でよく見る「関東ふれあいの道」とは?

関東ふれあいの道 群馬県-【21】カラマツと熊笹のみち

関東近郊の山に登っていると、要所で「関東ふれあいの道」という看板に出くわす。度々出くわすので、今回改めて調べてみた。 「関東ふれあいの道」とは 関東ふれあいの道とは、環境省の長距離自然歩道構想に基づき、関東地方の一都六県を一周する長距離自然歩道の名称。 総延長は約1,800kmにも及ぶ。東京都八王子「梅の木平」を起点に東京、埼玉、群馬、栃…etc

続きを読む ↷