徒然なる登山放浪記
徒然なる登山ブログ
 

南アルプス北沢峠の山小屋「長衛小屋」の評判と感想

長衛小屋データ

長衛小屋基本データ
場所 北沢峠
営業期間 6月中旬~11月上旬
素泊まりのみ:年末年始、4月下旬~5月上旬
料金 1泊2食8,200円(小学生5,600円、小学生未満3,000円)
1泊1食6,000円(小学生以下3,000円)
1泊素泊5,200円(小学生2,600円、小学生未満無料)
夕食:1,800円、朝食:1,200円、弁当:1,000円
収容人数 56名
予約 原則必要。
水場 あり
テント場 あり。約100張。
消灯・食事 夕食17:00、朝食7:00。消灯時間は20:00。
その他 2013年にリニューアルオープン。
ホームページ 南アルプスNET
Facebook

その他長衛小屋の情報

長衛小屋外観

長衛小屋外観

長衛小屋は南アルプスの北沢峠にある山小屋で、南アルプス北部の山、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、鋸岳、アサヨ峰などに登る場合に利用される。近くには仙水小屋、こもれび山荘、大平(おおだいら)山荘などがある。

2013年に建て替えられ新しくなった山小屋。その際に山小屋名も北沢駒仙小屋から長衛小屋に改名している。改名と書いたが、もともと大昔の名称は長衛小屋だったので、本来の名称に戻したといった表現が適切。起源は明治の終わりから昭和にかけて、北沢峠周辺の仙丈ヶ岳や甲斐駒ヶ岳の登山道を整備した人物「竹沢長衛」が建てた山小屋。

2013年に建て替えられているため、山小屋は超がつくほどきれい。建物の構造は、一階に食堂と談話室、2階が寝室。寝室は大部屋で、中央に廊下を挟み2段式の蚕棚になっている。

長衛小屋の寝室

長衛小屋の寝室

山小屋で見かけたスタッフは受付の女性、山小屋の管理人、食事を作るスタッフの合計3名。食事を作るスタッフがアルバイトで、受付女性と管理人は夫婦だろうか?登山者の対応はすべて受付の女性が1人で行っているため、管理人さんと話す機会はなかったが、無口で山の男という感じだった。

その他、山に登る前に小屋に寄れば、着替えなど不要な荷物を置いて登ることができる。また、宿泊者は山小屋よりもテント泊の方が多い。

長衛小屋の評判

口コミの数は多くはありませんが、少し見つけることができました。口コミの内容は概ね好意的な内容で、批判的な書き込みはありません。

■ 長衛小屋の評判について書かれているサイト

長衛小屋の感想

利用日:2015年10月18日(日)申込内容:1泊2食付き
長衛小屋のフリースペース

長衛小屋のフリースペース

■ 建物はきれい

これは誰しもが感じることだが、建物は2013年に建て替えられているため、超がつくほどきれい。設備の清潔感や快適性においては、今まで泊まった山小屋な中でもNo.1です。

■ 接客対応

朝一のバスで北沢峠に到着したあと、他登山者は登山口に向かうが、自分は長衛小屋へ直行して荷物を預ける。荷物を預けるだけのつもりだったが、先に宿泊手続きが必要とのこと。心理的には一刻も早く荷物を預けて、山へ向かいたかったんですが・・。

また先日、甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳の山頂付近で雪が降ったため、他登山者が積雪の状況を質問していたが、「わからない」とのこと。積極的に山の情報は仕入れていないのかも。

長衛小屋夕食

長衛小屋夕食

■ 朝食時間が遅かった

夕食は大皿のプレートで提供され、野菜や肉がバランスよく盛られている。味は美味しいです。

当初、朝食も山小屋で食べる予定だったが、朝食の時間は7時とのこと。山小屋の朝食時間にしては遅い。この点に関して、一緒に泊まっていた女性シニア登山者からは不満が出ていた。仕方なく、朝食はお弁当に変更してもらったが、その朝食弁当も小さなクロワッサンが3つにチョコやビスケットなどが付いているだけだった。なお、2016年の他登山者のレポートを見るとおにぎり弁当になっていたので、その後変更したと思われる。

■ 長衛小屋感想まとめ

長衛小屋の評価
立地 普通 建物 とても良い 料金 普通
接客 普通 食事 普通 水場 良い

総合 普通

色々書いたが、総合的には良い山小屋。何よりも建物がきれいで快適な点は、大きなプラス要素。宿泊した日は日曜日だったので、宿泊者も少なく、快適に過ごせました。周りに他の山小屋もあるので、繁忙期でも詰め込まれたりするようなケースも少ないと思われる。

以上、長衛小屋の感想でした。

長衛小屋のテント場

長衛小屋のテント場

仙丈ヶ岳レポート


Pocket
LINEで送る

コメント

 投稿されたコメント

  • ご意見ごもっともかと思います。もともと、良い山小屋を紹介する趣旨で書き始め、批判的な内容は書かないようしていたつもりでしたので、悪意の感じられる表現は修正致しました。

  • 山小屋にサービスを求める人は、山小屋を経営して下さっている方々の苦労を知れない人たちなのでしょうか?
    安易に評価を下すのは、間違っているのではないかと思います。

コメント投稿フォーム

トラックバックURL: http://www.yamarepo.com/yamablog/3974/trackback/