徒然なる登山放浪記
徒然なる登山ブログ
 

登山でストック・トレッキングポールをおすすめする理由

登山用ストック

登山を初めてから、ある程度山にも行くようになると、購入を悩むアイテムがある。それは登山用ストック、正式名称「トレッキングポール」。自分も2012年10月から登山を初めて、ストックを購入したのは2015年9月のため、最初の3年間はストックなし。今から考えると信じられないが、北岳登山や雲取山のテント泊などストックなしで登っていた。

さてこのストックの必要性だが、結論から言うと今後も登山に行くなら購入した方が良い。まず、自分の経験談も含めて3年間もストックを購入しなかった理由を挙げてみる。

登山用ストック・トレッキングポールを購入しなかった理由

必然性を感じなかった
ストックなしでも登山には行けるので、買わなければいけないという必然性を感じなかった。厳密にはストックの便利さを知らなかった。
杖というイメージがジジくささを感じる
トレッキングポールとは、直訳すると山登りで使う杖。この「杖」という言葉が、どうも年寄りじみたネガティブなイメージを抱いてしまう。

実際に、山小屋で会話をした方の中には、「杖というイメージが悪いので使っていない」という方もいた。

まあ、必然性の有無やイメージはともかくとして、実際にストックのメリットとデメリットを挙げてみる。まずはメリットから。

登山用ストック・トレッキングポールのメリット

下山時の膝痛を緩和してくれる。
これが最大のメリットと言っても良いだろう。ストックを使うことで下山時の膝痛対策になること。登山において膝は、野球選手の肩と同じぐらい生命線となる体のパーツ。膝を守るという意味で、ストックは重要なアイテム。
「脚の筋力 + 腕の筋力」も使って登れるので、単純に登山が楽になる。
体を支える力が「脚」の2本よりも「脚 + 腕」の4本の方が、単純に腕の筋力分の力が追加されるので、登山が楽になる。
このメリットに対して、デメリットを挙げてみる。

登山用ストック・トレッキングポールのデメリット

荷物になる。
購入前に最大の懸念事項だったのは、単純に荷物の総重量が重くなること。登山においてはグラム単位で荷物の軽さを追求しているのに、ストックを持っていくだけで1本約200g前後×2の重量が増える。
別途購入費用がかかる。
当たり前だが購入費用がかかる。価格はピンキリだが、適度に品質の良いものなら1万円前後は必要。どうしても値段がネックになるなら、最初は3,000円ほどの安価なものを試し買いしてみるのも良い。
岩場ではジャマになる。
ザックに収納すれば良いだけの話だが、出し入れが少し面倒だったりもする。
両手(または片手)が塞がる。
例えば、カメラを撮影しながら歩く場合などはストックが邪魔になったり、石に躓いて転倒したりすると、両手がストックで塞がっているため、顔面から倒れてしまうことがある。
一見するとデメリットの方が多いので、マイナスの印象を受けるかもしれないが、それでもストックは購入をおすすめします。

登山用ストック・トレッキングポールをおすすめする理由

ストックが必要な登山道

ストックをおすすめする理由は、メリットに挙げた「膝痛の緩和」と「登山が楽になる」2つのメリットが圧倒的であるから。

まず膝痛は確実に緩和されるし、膝痛対策にもなる。特に、宿泊登山やテント泊など重い荷物の場合、ストックの有難さを痛切に感じる。また、左(または上)の写真のように道幅が広い登山道では、周りに掴める木々や反動をつける段差などもないため、ストックあり・なしでは、登りやすさに雲泥の差が出る。

当初は荷物になると感じていたストックも、持参すれば大半は手に持って歩くので、重さは全く気にならない。また、岩場でザックに収納するのも、思ったほど面倒ではなく、どうしても面倒と感じるのであれば、岩場が多い山は最初から持参しないという選択肢をとれば良い。自分は購入後も、低山やアップダウンの少ない山では、ストックを持参しない。持参する・しないの選択肢が増える事は、メリットと言える。

両手が塞がることに関しては、自分も写真を撮影しながら歩くが、殆ど気にはならない。転倒時に両手が塞がっている点も、ストックは転倒防止に繋がる事もあるので、デメリットでもあるがメリットでもある。

これは山で登山者と会話をした中での感覚値だが、ストックを一度使った人のリピート率は高いと感じる。「ストックを購入したけど、自分には合わなかったので使うの止めました。」という声は1人しか聞いたことがない。むしろ「最初は自分もストックに抵抗はあったが、一度使うと手放せません。」という声の方が、圧倒的に多い。

ということで、ストックの購入を悩んでおられる方は、記事が参考になれば幸いです。
ちなみに自分が購入したのは「Black Diamond ディスタンスFL BD82302 2014モデル」。2014モデルのため、現在は新しいモデルが販売されています。

※↑「すべて表示 ****** + 検索結果 Amazon.co.jp」のテキストリンクをクリックすると全画面で表示されます。
Pocket
LINEで送る

コメント

コメント投稿フォーム

トラックバックURL: http://www.yamarepo.com/yamablog/1442/trackback/